海と日本プロジェクトin新潟とは?

海と日本PROJECT in 新潟

新潟の海はもったいない・・・

たくさんの恵みを与えてくれる日本海、
長い海岸線と2つの島が私たちと海の接点

海の四季が、陸の四季をおいかけてやってきます
モズク、銀葉草、ワカメ、メカブ、イゴ草、アオサ、天草、ハバノリ、ナガモ、岩のり
真鯛、ブリ、ヒラメ、ヤリイカ、スルメイカ、アオリイカ、サザエ、アワビ、ズワイガニ
南蛮海老、ノドグロ
温かい海流が冷たい海と交わる日本海の中心、それが新潟です
私たちは、いつもそのゆりかごで育てられてきました
冬の荒い海から春先の水蒸気のたくさん上がる海、群青に染まる夏の海、
そして夕日が最も映える秋の海
私たちは日本海の一年を見つめて生きています

長い海岸線は決して単調ではありません。
佐渡と粟島2つの島の存在で、さらに海が面白くなっています
透明度20メートルの海があります

それは、当たり前のことではありません
その恵みを知らなかったらもったいない・・・
すぐそこに海を知る入口があります
その海を知って守ること、それは私たちを守ることなのです

海とプロジェクトin新潟、私たち自身を愛するために・・・

「海と日本プロジェクトin新潟」実行委員長

公益社団法人 新潟県観光協会 会長  高橋 正

「海と日本プロジェクトin新潟」実行委員

新潟県農林水産部水産課

新潟県漁業協同組合連合会 

一般社団法人新潟県商工会議所連合会

公益社団法人 新潟県観光協会

公益社団法人 新潟県水産振興協会 

一般社団法人佐渡観光協会  

新潟県すし商生活衛生同業組合 

認定特定非営利活動法人 新潟NPO協会

新潟市マリンピア日本海 

志民委員会N・Visionプロジェクト

国立大学法人新潟大学 人文学部

新潟市 地域・魅力創造部 2019年開港150周年推進課 

事務局

株式会社 新潟放送

ページ上部へ戻る