秋の観光地引網

海と日本PROJECT in 新潟

およそ30年続く上越市大潟区、鵜の浜温泉『秋の観光地引網』。
夏の海水浴シーズンを除く5月から10月末までの毎日曜日に開催されるこのイベントは
鵜の浜温泉に宿泊されたお客様のみならず、近隣の県からも地引網目当てに
たくさんの観光客が押し寄せます。

幅250mの網の両端を引くこと約15分。
その日の海の状態にもよりますが 春には鯛・ヒラメ・鰆(さわら)・ホウボウ、
今の時期にはキス・アジ・カマスなどの魚が獲れるそうです。
取材に訪れたこの日はアオリイカやキスがかかっていましたが
「先週はカンパチやイナダなど1000匹ほどが獲れた」 と、地元の漁師さん。
長野県松本市から体験に来ていた服部しゅう君(6)は
「イカが墨をはくのを初めて見た」と興奮気味に話していました。

イベント開催は10月末まで!!

ひと汗かいた後はエビやカニ、鮭などがふんだんに入った海賊汁が振舞われます。また獲れた魚はじゃんけん大会でプレゼント。

10月末まで開催される『秋の観光地引網』。みなさんもこの秋、鵜の浜海水浴場に体験に行ってみてはいかがでしょうか。

イベント名秋の観光地引網
参加人数約150人
日程10月末までの毎週日曜日
場所鵜の浜海水浴場(新潟県上越市大潟区)
主催大潟観光協会
ページ上部へ戻る