1200名で目指せ街ごみゼロ!

2019-6-11
海と日本PROJECT in 新潟

高速道路や農道沿線等の美化や環境啓発を目的に、長年にわたり亀田郷一斉清掃を実施している

亀田郷土地改良区の皆さんと連携し、目指せ街ごみゼロ!

IMG_20190602_083340

ポイ捨てだけでなく、

意図しない排出ごみ(きちんと処理したつもりでも落ちてしまったり、カラスが持って行ってしまうなど)

これらの内陸のごみをこのまま放置していると、川を流れ海ごみになる可能性があります。

ここでストップさせよう!海のピンチは街が救う。

IMG_20190602_090434

1200名が各地に分かれごみを拾います。

新潟事務局は、親松排水機場周辺をごみ拾い。

ちょうど田植えが終わったこの季節。緑の苗がとてもきれい!

実は、田植え前の田んぼには空き缶などのごみが捨てられいるそう。

雪が解け、これからだっていう時に出てくるごみ。

田植え前、そのごみ拾いから始まるんだと教えてもらいました。

IMG_20190602_092753

隠すように捨ててある、お菓子やパンなどの袋やビニール袋。

IMG_20190602_093706

投げ捨てた?というようなペットボトルや空き缶など

今回も大量なごみがありました。

IMG_20190602_092800

毎回思うことは、海も街も本当にごみが多い!

IMG_20190602_095410

ごみは持ち帰る、所定の場所に捨てる、ごみを出さない工夫をする。

ごみが落ちている状況は当たりまえではありません。

キレイな場所も誰かが清掃してくれたからかもしれません。

海ごみの多くは普段の生活から生み出されています。

適切に処理されないプラスチックやポイ捨てごみが、川や海岸から海に入り込んで海ごみになります。

IMG_20190602_092805

「この活動は「亀田の初夏の風物詩」地元の皆さんとキレイにしよう。」

「家庭でもごみ問題について考えないとだね。」

という声が聞かれました。

一人ひとりが少し、意識するだけで変わるかも!!

出来ることからやってみましょう!

  • +1
  • 「1200名で目指せ街ごみゼロ!」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://niigata.uminohi.jp/widget/article/?p=2091" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://niigata.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 新潟</a></iframe><script src="https://niigata.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in 新潟
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://niigata.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://niigata.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 新潟</a></iframe><script src="https://niigata.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>