DSC_1300

ソファーや洗濯機も…【五十嵐浜で海岸清掃】

「少し先の未来につながる笑顔を」コンセプトに活動されているス…
詳細を見る
美しい日本海の夕日は新潟県の自慢のひとつ。
穏やかな春、群青に染まる夏など、新潟の海は四季ごとに表情を変えます。
南蛮エビやノドグロなど、おいしい海の幸も豊富です。
「海と日本プロジェクトin新潟」は新潟の海の魅力を発信し、より身近に楽しんでいただけるよう活動に取り組んでいます。

最近の記事

お知らせ

umi_idea2022_img_w880x430

2021-12-1

小中学生にいがた海のビジネスアイデアコンテスト

小中学生にいがた海のビジネスアイデアコンテストでは、新潟の海の問題を解決するためのアイデアを募集します。新潟県の海岸では1ヶ月に漂着する海洋ごみが約1,450トンにもなります。市町村による回収や企業、ボランティアによる清掃活動も行われていますが、この海洋ごみ問題はなかなか解決されていません。小中学生…
詳細を見る

イベント

佐渡汽船新潟港

2021-11-17

佐渡汽船新潟港万代島ターミナルに新たなキャップアート初公開!

ペットボトルキャップの「分別」を推進するため、佐渡汽船株式会社と株式会社江東微生物研究所は両社で集まったペットボトルキャップを利用して佐渡汽船新潟港万代島ターミナルに大型モザイクアートを製作・設置。現在は上記画像のトッキッキ。新しいデザインのキャップアートは2021年11月22日(月)に公開します。…
詳細を見る

レポート

写真

2021-12-6

新潟港に大型モザイクアートが登場

ペットボトルキャップの「分別」を推進するため、佐渡汽船株式会社と株式会社江東微生物研究所は両社で集まったペットボトルキャップを利用して佐渡汽船新潟港万代島ターミナルに大型モザイクアートを製作・設置しました。新しいデザインのキャップアートは2021年11月22日(月)に公開され、フォトスポットとして人…
詳細を見る

番組情報

新潟県-A16-S01

2021-11-5

新潟の海のごちそうでクッキング #16

ふうどスタイリストのこじまひでき先生に、 新潟を代表する魚「鮭」を使って海のごちそうを作ってもらいました。 鮭は新潟県村上市が消費量日本一と言われ、昔から親しまれています。 伝統の「塩引き鮭」をはじめ、鮭のみそ漬け、焼漬け、粕漬け、昆布巻きなどバリエーションも豊か。 頭から尾まで残さず食べる文化…
詳細を見る
ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in 新潟
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://niigata.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://niigata.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 新潟</a></iframe><script src="https://niigata.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>